養生

養生詳細

体臭2


昨日予告しましたので、
今日はもう少し体臭について漢方的はお話でも。

歯の治療も直すところがない、ワキガも汗腺を切る手術をしてみた…など
体臭が気になる方は色々なことを頑張って試してみている方も多いですね。

さて、漢方として体臭などをどう見るかというと
例えば中医症状鑑別診断学(人民衛生出版)を見ると
口臭は
●胃熱(いねつ)
●痰熱(たんねつ)
●食滞(しょくたい)

体臭は
●胎毒内蘊(たいどくないうん)
●湿熱蘊蒸(しつねつうんじょう)

などと載っています。

これは何のこと?って用語のことは横に置いて
何か気づかれることあります?

食滞は食べ過ぎで気持ち悪いのが取れない状態のことなので、これを除くと
全部「熱」が入ってません?

結論から言うと、何らかの理由で身体に熱があると

身体から臭いを出しやすくなります。

基本的に「熱」がなければ臭わないんです。

なんて言うんでしょうか?
例えばお鍋で煮物をしたとします。
火が通ってきてグツグツいってくると匂いがしますね(^^)
でも火加減を間違えてお鍋を焦がした時に臭いがしたりしますよね?
あれと一緒です。

人間は恒温動物ですから
身体を温めるのに一定の熱量が必要です。
それを越えて熱を身体に溜めてしまった時に発生するのが体臭なんです。

なので、上記に書いてあるタイプの方は
白いシャツの脇が黄ばみやすいなど
黄汗と言われるものを一緒に出していることも多いです。

身体に熱がこもってしまう方は何をすれば良いのか?と言えば
単純ですが身体を冷ますことです。
大体冷たい飲み物ばかり飲みたがる方が多いですが
身体が無意識に冷やそうとしているんでしょうね。

お酒、唐揚げなどの揚げ物、ラーメンのこってりしたもの
唐辛子・ニンニクなど香辛料の効いた物などが好きな方も多いですが
これらは全部身体に熱を溜めていくものです。

どの摂取が多いかは人によって違うかと思いますが
気になる方はこれらを控えるなどで
改善されることも多いです。
!注意!
好きな方の我慢って好きじゃない方からするとやっぱり取りすぎのことも多々あります。
召し上がる場合も月1~2回くらいでないと
効果は感じられないかもしれません。

他にナカムラはお疲れによって

体臭(や口臭)が出てしまう方もいらっしゃると思っています。

例えるなら…
徹夜をしたことって皆さんおありでしょうか?
夜明け頃になってくると身体が若干暑く感じたりなどした経験はないでしょうか?

これは夜は休むことによって身体を潤したり
臓器のメンテナンスを身体がするのですが
それが出来ずに軽くオーバーヒートしている状態になってる訳です。

と言うわけで過労になったりすると
身体の中でオーバーヒートしている状態が起き
口臭や体臭が出ることもある訳です。

この場合も身体が結果的には熱を生じるから体臭が出る訳ですが
もう少し休息や身体を滋養する食べ物が必要になってきます。
!注意!
勿論、この方達も上記の食べ物を多量に取ると体臭は悪化しますよ!

臭いとは言ってもやっぱり人により
どうして出てきたか…は違うものです。
繰り返しですが、お身体の声を聞いてあげてくださいね(^^)

漢方相談薬局ハーブファーマシー

住所 〒165-0025 東京都中野区沼袋1-34-5斉藤ビル1F
アクセス 西武新宿線沼袋駅北口より徒歩1分
TEL 03-3387-5090
営業時間 9:30~18:00
定休日 木曜日・日曜日・祝日
  • twitter
  • mixi