養生

養生詳細

赤ちゃん


最近、有名人さん達の出産、妊娠の記事が多かったりしますね(^^)
少子化とも言われていることですし
おめでたいことです。

難癖をつける訳ではないんですよ?

ただ、なるべく元気な赤ちゃんを産んでいただくのには
両親ともに元気な方が良い訳で。

漢方だと「先天の精」は生まれた時点で
両親からもらったものが100%で
これだけは減っていくしかないんです。
それを食物などから得られる「後天の精」で
無駄遣いしないように長持ちさせる感じな訳です。

両親が先天の精を赤ちゃんに沢山あげられるのは
やっぱり元気で若いうちだったりします。
自分が充実していますから。

特に女性は10ヶ月赤ちゃんに栄養を上げ続ける訳ですし
産後のことも考えると
理想は21~28歳なんですよね。
古典だとこの時期が一番女性が充実している時期です。
28~35歳は同じく充実していますが
ちょっと体力的に下降線。

女性蔑視のように聞こえるといけないのですが
世の男性が若い女性が好きなのも
本能で若い女性の方が自分の遺伝子を持った元気な赤ちゃんを
生んでくれる可能性が高いから、という説もあるみたいです。

お仕事ややりがいなど
特に女性は子供を産んでしまうと色々制限される気がして
産む気になれないという方もいらっしゃるかもしれませんが
子供がいない人生をあえて選択する訳でない場合でなければ
年齢も少し気にしてみてください。

勿論年齢だけで決まる訳ではなく
その方の体力の充実度でも違ってきます。

すぐに、とは考えられないけど
産まないという選択をした訳でないときは
見た目のアンチエイジングだけでなく
体内のアンチエイジングも気をつけておいてくださいね(^^)

漢方相談薬局ハーブファーマシー

住所 〒165-0025 東京都中野区沼袋1-34-5斉藤ビル1F
アクセス 西武新宿線沼袋駅北口より徒歩1分
TEL 03-3387-5090
営業時間 9:30~18:00
定休日 木曜日・日曜日・祝日
  • twitter
  • mixi